『仮想通貨』という言葉は聞くけれども具体的にどんなものを指すのかをご存知の方は案外少ないです。

仮想通貨、法律上では以下のように定義されています。

一.物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二.不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

「資金決済に関する法律(資金決済法)」第二条5

簡単に言えば、電子情報処理組織(インターネット)を使ってやりとりできる通貨で、日本円・米ドル・ユーロなどの各国の法定通貨以外のものということです。

この解釈を読んで賢いあなたは、「電子マネーも仮想通貨?」、「ポイントマネーも含まれる?」と思われたかもしれません。確かに、広い意味ではこれらも仮想通貨に含まれます。でも残念ながら、電子マネーもポイントマネーも、「不特定の者を相手として」の取引ではないので、あなたが資産を増やす目的で使用しようと思っている仮想通貨とは異なります。

この不特定の者を相手として取引できるのが仮想通貨で資産を増やせる理由でもあるのです。不特定の人が相手ということは、「買いたい」という人もれば「売りたい」という人もいます。

この「売り」「買い」をインターネットで行うことができるので、地球上どこにいてもインターネットさえ繋がっていれば売買できる流動性があり、買った時と売った時の差により資金が増えるということになります。

ちなみに、外国では仮想通貨を暗号通貨と呼ぶのが一般的です。これは、仮想通貨が電子的な暗号技術を用いて流通されているからです。
ですのでこのサイトでは、「仮想通貨」と「暗号通貨」とのどちらも同じ意味として用います。